4.資金調達について

資金が必要となるのは、大きく分けて開業時と開業後に分かれます。

◇開業時に必要な資金◆

  1. 建設費(不動産など)
  2. 改装費(内装等)
  3. 設備・器具
  4. 医薬品の購入

上記の費用を合計すると、約5,400万円 となります。
これらの資金を自己資金で賄うのが困難な場合は借り入れを起こすことになります。
自己資金で全て賄えないところは、次のところにアプローチしてみましょう。

(株)日本政策金融公庫
各都道府県保証協会
日薬薬局ローン
福祉医療機構
民間金融機関

資金調達について

3.許認可手続きの方法 < 4.資金調達について > 5.取扱品の仕入と注意点